彼女の朝はとても目まぐるしい。

朝食の用意、片付け、家族の身支度、自分の身支度。

2人の子どもを保育園に送り出した後、

自家用車の中でホッと一息、気持ちをリラックスさせて心を整えながら職場へ向かう。

「今日はどんな風に過ごされるのかなー?」

「昼食のメニューは〇〇だったよね・・・」

それでも頭の中で今日一日の仕事について考えてしまい、準備に余念が無い。

 

藤永さん1

< 藤永 絵里 > 2児の母

 

グループホームもくれん勤務

栄養士の資格を持つ介護福祉士であり

現在、育児休業規程を利用した時間短縮勤務中の

ワーキングマザーだ。

 

 平成25年に入社、今年の7月に産前産後休暇、育児休暇を経て復帰。

勤務時間は短めながらも、彼女が復帰してから職場が更に明るくなった。

持ち前の明るさと職員間の調整力の高さは彼女の魅力の一つ。

そして、まずはご利用者の立場に立ち、必ず目線を整えてから

一瞬一瞬に共感していく姿は

ご利用者が「彼女の出社を心待ちにしている」と話して下さる言葉に

一つ一つがリンクしていく。

 

今年から彼女が所属している「もくれん湖陵」では”低栄養改善・食支援”に力を入れることとなった。

「栄養士」の資格を持つ彼女は、そのプロジェクトの先端に立ち

「キッチンミーティング」という調理や食事に特化した会議を1~2ヶ月に1回開催し

全てのご利用者のBMIが、まずは20%を越えるように日々取り組んでいる。

キッチンみーてぃんぐ

 

「食事は単に栄養補給というものではなく、”楽しみ”であり”喜び”なんです」

「その上で出来る限りお元気で、健康に、長生きをして頂ければと考えています」

藤永さん3

メニューのチェックを行いながら、嬉しそうに彼女が話してくれた。

 

ご利用者にとって一番身近で、最も良き理解者である介護福祉士が、ご利用者の生活において重要な「食事」について

専門的な知識が発揮出来る「栄養士」だとしたら・・・どんなに心強いことでしょうか。

その上、相手の立場に寄り添い、その笑顔で周囲の人を和ませてくれるとしたら。

いつもありがとう。